薪ストーブ–アンコール ( ENCORE )今シーズン初着火 2012/11/17


今日、事務所の窓の外に吊るしてある寒暖計を見ていると、10℃を超えませんでした。
風も冷たく、雨もしとしと状態。
今朝、2年ほど前に宅地分譲した分譲区域の消雪組合さんの方へに管理を引き継ぐ立会い、及び、消雪設備の点検整備を行いました。
管路の末端の泥吐き口の栓をしようと頑張りすぎて、すっかり水を被ってしましました。
両袖口とズボンがビッショリ。
体が冷えてしまいました。
事務所に帰り、さっそく着替えて暖房を強に。
しかし、エアコンの暖房だけでは頼りになりません。
そこで、急遽昨年の灰を探し出し、薪ストーブに再投入し、目皿がちょうど隠れる位に盛り上げました。
昨シーズンの使い残しの薪を、なたで細目に割り、すぐに着火。
順調に薪に着火して、炎も安定して燃焼してくれました。
ほっと一息。
やはりこの柔らかく優しい暖かさは、他に変えることはできません。
忘れていた楽しみを思い出し、何か得したような気分。
薪ストーブ関連記事:http://wako-re.info/blog/?s=薪ストーブ

コメントを残す