長岡市」タグアーカイブ

「売物件看板」 工夫して広告機能も!イメージUPを目指しトライを重ねています。

「わたしの住宅・土地も、こんな看板を取り付けてもらって、売却活動をしてもらいたい。」

お客様から、こんな期待を持っていただけるような「売物件案内看板」を模索しています。

看板面の表示デザインのバージョンアップから始まり、取付枠の材料選定、ホワイト基調で美しく、統一感が出るようにホワイトペイントで塗装仕上げの採用。

長岡不動産分譲地09 長岡不動産査定05

1.92m×0.91mの畳1枚分(6尺×3尺)の大型看板看板をきっちりと支えられる信頼性があり、耐久性、転用可能性も兼ね備えた材料はやはり単管パイプ。

引っ張り・圧縮の軸方向の強度が十分であれば、曲げ強度はさほど要求されません。

直径48.6mmの肉厚が2.4mmが標準的な単管パイプの仕様ですが、ここでは作業性に優れる肉厚1.8mmの軽量仕様のものを採用。

単純に25パーセントの軽量仕様ですから、扱いやすい。

次に、支柱を地盤に固定するための杭材。

単管パイプに杭先と杭頭にアタッチメントを取り付けて打ち込む方式は、貫入抵抗が大きく、杭頭もすぐ変形してしまい、打ち込むことができなこともあり、あきらめて帰ってくるしかないこともありました。

そこで探しました。

主材は単管パイプを使用し、杭先と杭頭に高強度の金属を使用し、両端10cm位を絞り込み、貫入抵抗を減らし、なおかつ杭頭強度を大幅にアップしたものがありました。

使ってみて、これはすごい。

少々の石があっても、それを脇に排除するか割砕くのか、地盤から20cm程度、貫入すると嘘のようにすんなりと入ってい行きます。

「この地盤は杭が刺さってくれるかどうかな。」という心配は解消されました。

これらの部材材料も、すべて事前にホワイトの油性塗料で塗装。

さらに、現地で単管パイプ同士を緊結するクランプも、看板の現地設置が完了したのちに、ホワイト塗装。

さて、出来栄えはどうでしょうか。

昨日、設置したものから、やや支柱の間隔を広げて、安定感を出してみました。

不動産長岡売地看板10 不動産長岡売地看板09 不動産長岡売地看板11 不動産長岡売地看板14 不動産長岡売地看板08 不動産長岡売地看板15 不動産長岡売地看板04 不動産長岡売地看板05

今年、最初に取り付けた看板はこんなものでした。

不動産長岡売地飯塚02 不動産長岡売地飯塚00

杭がなかなか地盤に打ち込めないので、電動ハンマードリルで先導の穴を苦労してあけても容易に入っていかず、杭頭が潰れてきてしまい十分な根入れ深さが取れず、やや不安がありました。

不動産長岡売地飯塚01 不動産長岡売地飯塚03これに比べたら、かなり進歩したといってもらえたらうれしい限りです。

長岡市学校町2分譲地の看板取替え。

わたしがまだ慣れていないころ、試験的に作成した90㎝×60㎝サイズの看板を設置していました。

どう見てもやぼったいと、常に気になっていました。

長岡不動産分譲地20

遠くからも目立たないので、サイズを180㎝×90㎝と3倍にし、設置方向を慎重調整。

デザインも一新しました。

イメージアップを図れたでしょうか。

今回も、ついでに草刈り。

ちょっと汗をかきましたが、これで気分もスッキリ。

外注でやっていたら、決してイメージしてるような結果にはならなかったでしょう。

物件詳細:

①区画 https://www.wako-re.info/sale/dtl.html?no=4-18

②区画 https://www.wako-re.info/sale/dtl.html?no=4-52

長岡不動産分譲地02 長岡不動産分譲地12 長岡不動産分譲地34

後で、再剥離可能なシールにホームページと物件詳細ページのQRコードと、物件の面積等の概要をプリントして張ってきます。

これを剥がせば、せっかく作った看板なので、ほかの物件に何回でも転用できます。

長岡不動産分譲地09

アンカー杭は、直径48.6㎜、長さ1.1メートルの杭専門に加工された鋼管杭です。

杭先とハンマーを打ち付ける杭頭はやや細く縛りこまれ、高強度の金属で補強されています。

少々の石などは砕いて貫入していきます。

根入れは、約60㎝位でしょうか。

これで、かなりの強風にさらせれてもバッチリ!

長岡不動産分譲地08 長岡不動産分譲地33 長岡不動産分譲地18 長岡不動産分譲地19 長岡不動産分譲地17

自社制作の売物件看板を浦の現地に設置。交通量が多いため新たに作成しました。

以前から看板設置をお願いしていた業者さんが廃業してしまったため、試しに自分で制作、現地設置にチャレンジ。

実際に作業をする人の苦労が身に染みてわかりました。

要領がわかってきたので、徐々に手際が良くって来ると思います。

せっかく苦労して建てる看板ですので、妥協はしません。

どうせだったら美しいものにしたい。

長岡不動産査定15

長岡不動産査定04

長岡不動産査定05

長岡不動産査定02

長岡不動産査定00

長岡不動産査定03

Googleフォト:https://photos.google.com/album/AF

評価はどうでしょうか。

ついでに草刈り機で除草をしていたところ、ちょうど浦の八幡神社のお祭りのようで、はっぴを着た親子連れが通ってゆきました。

女のお子さんが看板の前を通り過ぎながら、「きれいな看板。」と言ってくれて、大感激。

これからいろんな人が見てくれると思います。

お神輿が出発しようとしている頃にあいにくの小雨。

でもみんな気合が入っていました。

強い降りにならないうちに、空が明るくなってきて安心しました。

長岡不動産査定18 長岡不動産査定19

 

ちょっと前に、別の物件(これは自社のリフォーム中古住宅-陽光台4、長峰町)に設置した看板から徐々にバージョンアップしています。

IMG_7818 IMG_7820 IMG_7813 IMG_7822 IMG_7810 IMG_7808 IMG_7795 IMG_7802

長岡市来迎寺地区で価格査定のご依頼で現地へ。その後、年末に買取させていただいた飯塚の売地(古家あり)の建物解体準備視察。

ほぼ、雪解けが進み、不動産物件の状況がよくわかるようになってきました。

それにつれて、価格査定のご依頼が多くなりました。

来迎寺駅前から、飯塚の売地まで車で何分もかからない近さに気づきました。

土地区画整理が行われ、街区がきちんと整理され、新しい大きな住宅が比較的に多い閑静な住宅地です。

宝徳稲荷神社様のすぐ真下、天丼で人気の「しょじょじ」さん脇の幅員8m市道を入って50m位の所。

物件詳細:
https://www.wako-re.info/sale/dtl.html?no=4-57

長岡売地飯塚162 長岡売地飯塚163 長岡売地飯塚152 長岡売地飯塚151 長岡売地飯塚156 長岡売地飯塚155

約150坪のほぼ正方形の宅地です。

今週から、木造住宅建物の解体準備に入ります。

まずは、近隣へのご挨拶回りから。

ようやく、販売に向けて本格始動です。

 

フォトギャラリーを作ってみました。サンクレイドル長岡 6F 南東向き 3LDK、もしくは、2LDK+Sと呼ぶそうです。

新着物件情報で2/15にご紹介した築浅中古マンション。

サンクレイドル長岡ファーストレジデンス6階 南東向き。

(※写真は、新築当時の同じタイプの別住戸です。)H22-8-6-作成。

ご参考にしていただきたいと思います。

物件詳細:https://www.wako-re.info/sale/mansion_dtl.html?no=6-23