すでに8年前に、こんな看板を自社で作成していました。パソコン画面をそのまま1畳分の大きさにプリントします。

この写真は、平成21年の5月頃に撮影したものです。

(※下の画像をクリックすると、16枚の写真がスライド方式でご覧いただけます。)

これ以前は、自分でカッティングシートを何色か使って作っていました。

Rolandの小さなカッティングマシンで切れ目を入れ、それを丹念に不要部分を剥がし取ていました。

それにアプリケーションシートという透明のやや粘着力の弱いシートを残された部分全体に貼り付けます。

次に、カッティングシート裏の粘着糊をカバーしているセロファン紙をはぎ取り、アクリル板製の枠付きフレームに貼り付けて、最後にアプリケーションシートを取り除いて完成。

このような工程で看板を作っていました。

上の写真は11年前(2006/3/1)に撮影したものです。

建物の外壁に取り付けられている正方形のやや大型の当社と駐車場の案内看板は、下地枠を含めて全て私が制作したものです。

トタン板ではなく、アクリル板に貼り付けたもので、夏の日差しで熱くなると膨張して波打っていました。

今から思えば懐かしささえも感じます。

プリントは、これと全く次元の違う効率と品質です。

これも、EPSON社が耐天候性と紫外線による色あせをしない素晴らしいインクを開発してくれたおかげです。

解像度も、色の再現性も素晴らしく、非常に鮮明にプリントアウトされます。

それと、廃盤直前で旧式ですが安価に入手できた大型ラミネータにも感謝です。

重さは100kg以上あったかと記憶しています。

これで、プリンターで印刷した1.8m×0.9mサイズのシートに、粘着糊のついた紫外線カット機能と対天候性に優れたラミネートシートを気泡や皺(しわ)が入ることなく、きれいの圧着できます。

どれも、価格ドットコムで調べて、関西の販売店から送ってもらったものです。

何度か試験制作して、設定は自分で出来ました。

今も両機とも、現役バリバリに活躍しています。

耐久性は素晴らしいものがあります。数年経っても色あせ、にじみ、はがれは殆どありません。

また、貼り付ける下地材は、アクリル板を両面に薄いアルミ板でコンパウンドした軽量でなおかつ耐久性に優れたものを使っています。

不動産業者にとっては、長期間、同じ看板を同じ場所に設置したままになることはよいことではありませんが・・・。

自社のイメージアップのために、社屋の外壁、区画数の多い分譲地のに巨大な看板を設置することは効果大です。

プリントの大きさも、つなぎ合わせのプリントができるプリンタードライバーがきめ細かい設定に自在に応じてくれます。

是非、1.3m×3段=3.9m×7m 位の大きさのものを作ってみたい思っていました。

そろそろ、行動に移す時が来たようです。

駅の構内によく設置されている、照明を裏から当てて、浮き立つように見える明るい広告看板と同じものも作成できます。

バックライトフイルムという白地で幅広のロール状フィルムを使います。

上と下の写真に映っている店頭掲示していたものがそれです。

夕暮れ後には、社屋内の照明により、広告が浮き立つように見えました。

当時はまだ写真入りとかグラデーションのきいた看板は高価なものでしたので、ごく限られた所でしか見られませんでした。

以来8年経過し、看板の主流は、写真、イラスト等の入ったカラフルな広告看板が主流になりました。

よく観察してみると、ほぼ表面にラミネートシートを貼り付けて、私たちと同じ方式で作成しているようです。

看板業者の方たちにも、急速に普及したのではないでしょうか。

このように、使えるハードウエアーとアプリケーションの垣根は非常に低くなりました。

これは看板作成に限ったことではありません。WEBページ、折り込み広告、パンフレット etc。

今後のポイントは、デザイン性や広告の要点をアピールできる品質の高い原稿を作成するスキルのj熟練度になってきたと思います。

売却をご依頼いただいたお客様の大事な不動産の良い点を、効果的にアピールできる広告を常に念頭に置いて、実行していかなければなりません。

 

 

小千谷市にて、中古住宅の売却依頼をいただきました。

小千谷市城内4-0038

2月のブログ内つれづれ日記 にてちらっとお伝えしていた、“長岡市のお隣の中古住宅”

昨年秋口にご相談いただき、今月初めにお引っ越しが完了。

いよいよ情報公開です!

 

場所は、小千谷市城内。

地図を見ると、ちょうど小千谷西高校と小千谷中学校の間。

市役所、スーパー、イオン、高速I.C、すべて車で5分圏内。

4月に開院した、小千谷総合病院も、同じく車で5分。

非常に利便性に富んだ立地の、築15年、3LDK+畳スペース です。

 

現在、詳細情報をまとめております。

すでにお問い合わせを頂戴している方々から、順次、ご案内の準備をします。

近日中に情報をオープンにします。

ぜひ、ご覧頂ければと思います。

*イオン小千谷店・・・約1.3km
*小千谷総合病院・・・約1.3km
*小千谷市役所・・・約700m
*原信西小千谷店・・・約750m
*原信桜町店・・・約900m

雪割草の愛らしさに魅了。越後丘陵公園に行ってきた!

ちょこっとブレイク。

*写真をクリックすると、たくさんの写真をご覧いただけます。

 

週末の日曜日、お天気が良さそうということで、国営 越後丘陵公園 に行ってきました。

最後に訪れたのは、高校生の時の遠足だったでしょうか。(18年前・・・!)

到着した11時頃は高曇り。

風が冷たく感じていましたが、どんどん青空が広がって暖かくなり、お散歩日和でした。

 

雪割草が3分咲きとの情報を聞き、楽しみに。(帰るころには、案内プレートが5部咲きへ変更されていました!午後から暖かくなったもんな~)

雪割草の群生地までは階段を登りますが、道中丁寧にチップが敷いてあり、ふかふかでとても歩きやすい。

 

登り始めてすぐ、↓がおいてありました。く、熊出るの?と、お借りしました。

 

雪割草どこかな?と探しながら歩くと、あった!

見つけた瞬間、声をあげました。ひとつめを見つけた瞬間うれしかったな~。

落ち葉の隙間からぴょこっと顔を出す姿がなんともかわいらしい。

こんな風に咲いてるんですね。

葉も埋もれて、お花だけぴょこっと。ブローチみたい。

目を凝らしてみると、ここにも!あ、ここにも!

どんどん登っていくと、日当たりの良い場所には群生。

写真を撮るのに夢中でした。

が、お借りした棒っこが、撮影のたびに邪魔になりました。(借りていたのは結局私たちだけでした(笑))

 

登りはほとんど人がおりませんでしたが、徐々に人が増えてきて、

子供連れのご家族や、カップル、ご年配のご夫婦まで。

トレッキングシューズにリュックを背負った本格派の方から、三脚とカメラをお持ちの方、お散歩がてらというような方まで様々。

みなさんかわいいね、と写真を撮っていました。

 

かわいらしさにすっかり魅了され、大満足。

 

そのあとは、広場を散策。周辺にはクロッカスも。きれい。

写真は、すべてiPhone 7plusで撮影。お花の写真は、明るさなど一切補正していません。

背景をぼかしてくれる“ポートレート”機能を使うと、なんだか腕が上がった気になれます。

 

お子さん用遊び場。ソリ滑りのほかにも、アスレチック的なものも充実。

一番人気はこちら↓ 変形トランポリンのようなもの。楽しそう!

 

こちらはラベンダー。7月に咲き誇るそう。なんだか北海道のような景色。

 

クリスマスローズが見ごろ~終盤。

私たちは 午後2時過ぎに園を後にしましたが、まだまだ続々と入園してくる方々が。

こんなに充実&広大な施設になっているなんて、驚きました。

園内には無料の周遊バスもあり、じっくり楽しめそうです。

4月15日からは、チューリップ。

5月下旬からは、バラ。

昨年6月に訪れたスタッフが、記事にしていました。バラも素敵!

丘陵公園 かおりのバラ祭り

カテゴリー: 未分類 | 投稿日:  | 投稿者: wako 編集

 

また、ぜひ訪れたいと思いました。

 

***おまけ***

お花もいいけど、だんごもね。

園内のソフトクリーム。青・・・?

 

青・・・!バラの香りがしっかりとした大人の味。


 

ゆったりお散歩しておなかが減りました。

遅めのランチは、丘陵公園近くのサニーフレンズカフェ SUNNY FRIENDS CAFEで。

長岡市青葉台5-22-2 ニュータウンの中。ハンバーガーがいただける素敵なカフェ。

素材の味が生きていてとてもおいしいのです。パスタもサラダも美味しかった~。

3時頃でしたが、ほぼ満席。お待ちの方までいました。人気ですね!

 

最後は、家族へのお土産をと、ご存知 江口だんご本店。長岡市宮本東方町熊之宮52-1

ことらもとても賑わっており、お土産を買う方、喫茶店へ入る方で並んでいました。

駐車場を見ると、半分以上が長岡以外のナンバー!

 

 建物が増えてたのかな?見事な桜も前からあったのかな?桜の時期にまた来たいな。

 

先週に引き続き、 長岡を満喫した週末でした。

 

試し塗りの重要性。【大島本町⑤】

長岡市大島本町5丁目、リフォーム中の住宅。

第一印象を大きく左右する、外壁の色。

今回は、2色の試し塗りを依頼したところ、親方が気をきかせて3色塗ってくれていました。ありがとうございます。

 

塗装色の選択は、リフォーム工事最大の難関といっても過言ではありません。

面積が広いだけにイメージに多大なる影響を与えますし、

一番何が難しいかというと、カタログを見ているだけじゃわからない。

“広い面積を塗ると、明るく見える“ の法則が、私たちの行く手を阻みます。

 

今回の試し塗の中でも顕著なもの。

下のカタログ写真、標準色 中段の右から2番目 IF-9305 をご注目下さい。

明るい印象を重視したパターン。かと言って真っ白だと浮きすぎるかな?と思い、少し茶の入ったベージュ色を選びました。

今回生かす予定の、住宅周りの植栽の緑ととてもマッチしそう。

実際、試し塗りをすると・・・

 

☟こう。

玄関ドアすぐ右横です。

あれ?真っ白を選んだかな?と思ってしまうほどの白。美白。

 

ちゃんとわかりやすいように品番メモ(左)まで貼ってくれていますし、

カタログを当ててみても、選んだまさにその色。間違いではありません。

この色も明るくてとても素敵ですが、今回自分の思っていたものとは大きく違っていました。

試してもらってよかった。試し塗りの重要性を改めて感じました。

 

そして一度気に入った色を見つけたとしても、毎回同じ仕上がりになるとは限らないというのもなんとも憎いところ。

外壁の素材によって、影を生むものであれば濃い色に見えますし、光を受けやすければより明るく見える。

毎回このように試行錯誤。自分で選ぶしかありませんし、言い訳ができません。

責任重大ですが、足場をはずして全貌が見えた瞬間、思い描いた通り、もしくはそれ以上に仕上がっていた時、うれしい。

そして何より、お客さまに気に入ってもらえれば大成功。

今回もそうなるように、みんなで検討&検討。挑戦は続きます。

結果やいかに!

 

この物件に関する過去のブログ記事は、こちらから☟

【大島本町①】H29-2-8

【大島本町②】H29-3-7

【大島本町③】H29-3-17

【大島本町④】H29-3-24

 

タイミング。

弊社でご縁があるマンションのひとつ、
長岡市柏町2丁目のサンクレイドル長岡ファーストレジデンス

本日、10階最上階のお部屋の売買契約を締結。未公開物件でした。

↓下の写真をクリックすると、7枚の写真がご覧いただけます。

 

公開中の別物件にお問い合わせをいただいた、かねてから中古マンションをお探しのお客さま。

お部屋を実際に見ていただきましたが、う~ん・・・と決めきれないご様子。

ご要望をよくよくお聞きすると、なるほど確かに。

その頃ちょうど、新たに売却のご依頼をいただいた1室があり、販売開始準備をしていました。

概要をお話し、共用部分や過去の内観写真を見てもらったりすると、やはりイメージに近いご様子。

まだ中をお見せできる準備が整っておりませんでしたので、しばらくお待ちいただき、

遠方にいらっしゃるにも関わらず、内覧可能となるまさに本日、

朝一番でお越しいただき、お部屋内覧、そのまま契約手続きとなりました。

 

この仕事に携わって12年目になりますが、本当に本当に不思議ですが、やはりタイミングというものがある。

これもひとつのご縁。

大変ありがとうございました。

お引き渡しまでしっかりサポートします!