ライオンズガーデン長岡  リフォームマンションにフラット35S適合証明書交付。


thumbnail: ライオンズガーデン長岡  リフォームマンション フラット35S適合証明書

先月の下旬に、審査機関である財団法人新潟県建築住宅センターの検査官より立会検査を受けました。
建物の基本設計、維持管理の状況、管理規約等の設定、運営状況等の詳細な項目にわたり調査がありました。
そして、35S適合のポイントであるバリアフリー基準をクリアーするために設置した浴室の手摺。
かなりの強度のある材質のものを選び、脱衣室との堺壁を貫通するように取り付けました。
10日程度の後、中古住宅適合証書が送付されてきました。
ちゃんとフラット35S(優良住宅取得支援制度)の基準の適用欄に「有」のチェックがされてあります。
この結果、この「ライオンズガーデン長岡」については、浴室に基準を満たす手摺を設置すれば、フラット35S(優良住宅取得支援制度)適合マンションとなることが証明されたことになります。
ご購入を検討されるお客様にとっては、ご融資における有利な選択肢が一つ増えることになります。
フラット35の金利が2.8%の金融機関であれば、最初の10年間はマイナス1.0%の1.8%の金利で借入ができ、またその期間は同時に住宅ローン減税で、その年の借入残高の1.0%が所得税から還付されます。
実質的には、最初の10年間は0.8%の金利で借入ができることになります。
地銀さんの住宅ローンより、若干、借入期間全体をカバーする火災保険料などの経費がかかりますが、その金利差から生ずる10年間の差額からすれば充分に埋め合わせができます。
今月に入り、この住戸にお客様がありました。
このフラット35S(優良住宅取得支援制度)は、お使いになられないとのこと。
残念な感じはありますが、今回得た情報は今後に充分効果を発揮するはずです。
ライオンズガーデン長岡は、ちょっとの対策を行えば、フラット35S(優良住宅取得支援制度)適合マンションの仲間入りといっても過言ではないのです。

コメントを残す