長岡駅の徒歩圏内に分譲用宅地を取得。

長岡市金房3丁目。長岡駅東口を背にして、すぐ前の幹線市道を右(南)に向けて徒歩約10分。
その幹線市道に接した、東向きの現在は更地となっている宅地です。
今度は市街地中心部ともいえる立地です。
今日、引渡し手続きが完了しました。
㈱エヌ・アール・ケー総合企画さんとの共同開発です。
これも㈱エヌ・アール・ケー総合企画さんと共同開発した、ハイクレストタウン長岡摂田屋における35区画の分譲< が順調に推移し、ほぼ目途がついたこの時期。
昨日、地価公示価格が発表され、全国的に下落傾向とのこと。
しかし、この価格は取引事例に重きをおいて算出された、いわば過去の価格ともいえる性格があります。
現在の物件の動きをみると、かなり需要が顕在化してきていると実感しています。
各業者さん、ハウスメーカーさん、金融機関さん、いずれの話を伺っても、少なくても経済環境は底を打った、もしくは、やや持ち返してきたと判断します。
以上の点、および、開発の準備期間等を考えれば、分譲開始は最適なタイミングになろうかと思います。
開発面積 約6,200㎡(1,870坪)。
このエリアでのまとまった分譲は久しぶりになります。
市街地の周辺地域と比べ、坪単価が比較的に高い地域において優良な宅地を手頃な価格で供給する。
かなり責任の重い、しかし、やりがいのある仕事です。
詳細は、これから協議等を重ねて、皆さまからご評価をいただける開発を目指していこうと考えております。
検討課題は山積していますが、ひとつひとつ着実にクリアーしてまいります。

コメントを残す