サンクレイドル長岡

syuusi-4
新築分譲マンション。
ご縁があり、複数戸を買い受けました。
賃貸で運用する事業計画を策定し、リスクを考え色んな状況を想定した数値でシュミレーションを繰り返して計画の可否を判断したつもりです。
賃貸募集はタイミングがあります。
これがずれると、計画自体の基本的な条件が全く違ってきます。
それで商談が妥結した時点から売主様のご理解を頂き、入居者募集の準備に入ることができました。
同業の業者の方からもご協力をいただき、ほぼ計画通りに進展しております。
http://wako-re.info/albm/scr-mdr-alb/scr-haitihyou-2.jpg
本当にありがたいことだと感謝しております。
信頼関係。
これが、今回のキーワードです。
単純と言えばそうでしょうが、経験とその実感からの結論です。
不動産業は信頼産業だと良く言われます。
自社だけの強がりだけでは、お客様のご要望に答えるには程遠いことになります。
連携してひとつの仕事を成し遂げる。
信頼がなければ、そもそもその始まりはありません。
ご協力をいただく業者の担当の方が使いやすいような情報整理の仕方もバージョンアップしていかなければと話し合っております。
いうなれば業界をひとつと捉えたQC(クォリティーコントロール)でしょうか。
自分の次の工程の担当のやり易さを考えて、自分の工程を改善してゆく。
そんな視点も必要ではないでしょうか。

コメントを残す